TOP > え?それってドラ○もんの事じゃないの?あ、違うの?
 ← ε=\_○ノ イヤッホーゥ! | TOP | ただいま深夜4:04!

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク え?それってドラ○もんの事じゃないの?あ、違うの? 

2008年01月05日 ()
こんにちわ♪キラですっ

最近は・・・もう・・・キラのレベリングはしていません。

秘密すら行ってません・・・・。

何故かといえば、モエに本格的にハマってしまったからです。

アチャ楽しすぎ!やっべBISとか・・・。

みたいな感じになってます。

ちょっとせめて秘密くらい行かせて上げないとレベルやばいです。

ここで4キャラの成長状況を・・・。

●кяа(キラ)

1週間前   今現在

 210   →  210 (変化無し)

●天涯孤独

一週間前   今現在

 138   →  138 (変化無し)

●凍翔‡麗碧

一週間前   今現在

 153   →  153 (変化無し)

●モエ

一週間前   今現在

 100↓  →  123 (20↑UP)


見て分かる様に、完全にモエ以外ストップしてますね。

ちょっと頑張らないとねぇ・・・。

せめて皆200・・・300にはしたいです。

レベリング遅い私にはいつになることやら。

頑張りたいですねっ!





さてさて・・・。

毎度お馴染み(?)生い立ちヒストリー!

今回は「学問の家」編!

すたーと!

初めて見る光景。

何もかもにワクワクドキドキしていた。

あれ、多分人だよね。

私の目に映ったのは緑色の服(多分制服・・・)を着た人間っぽい物だった。

それ以外には何も見えなかったしその人の上には名前っぽい物もあった。

きっとそれがここを出る為に必要な物だろうと察した私はまずはそれに話かける事にした。

・・・がまずどう動くのか分からず、適当にクリックしていた所動き始めた。

「お?」

カチカチ、クリックを繰り返していると、だんだんとコツ(?)っぽいのが分かり始め

動く方法を知ることができた。

グルグル部屋を回っていると、本来の目的を思い出した。

「あ・・・あの人っぽいのに話すんだった。」

そして人っぽいのに近づき、クリックした。

すると文字が出てきた。

(文字は覚えていないので省略)

ほうほう・・・ふむふむ・・うんうん。

最初というだけあり生真面目に文章を読んで行った。

へぇ~・・・・ふ~ん・・・ほう・・・。

そして問題を解き、「次の部屋に行く。」を選び押すと、突然画面が変わった。

「!?」

そこに広がったのは・・・。

さっきの部屋とほぼ変わりない部屋だった。

「また同じような物かなぁ?」

そう思うとまた人っぽいものに話しかけた。

また同じような文章が出てきたのでしっかりと一文字一文字食い入るように読み始めた。

うんうん・・・。

順調に読んで行き、読み終わるとまた部屋が変わった。

「はぁ・・・また・・・。」

そういうことで同じような作業を繰り返すと

また画面が転換した。

「お?」

そこは多分木製であろう部屋だった。

そしてそこには「屋敷蜘蛛(そんな名前だったかな?)」という名のついた蜘蛛がいた。

その蜘蛛にカーソルを合わせると剣(?)マークが出た。

「何だろう?」

と思いクリックしてみるとキャラクターから何かが蜘蛛に向かって飛び出していった。

すると蜘蛛の名前の部分の赤い所が減った。

多分今のが攻撃で、赤いのはHPなんだろう。と思い蜘蛛に向かってクリックしまくった。

3発ほどあたると蜘蛛のHPは無くなり、緑色の多分血が出てヘニャ~となった。

多分倒したんだろうと思い、他の蜘蛛を狙うことにした。

そんな調子で10匹は倒しただろうか、

その時あたりから「ここからどうやって出るんだろう」と思い始めた。

少し場所移動をしてみると、お馴染みの緑服を着た人っぽいのが居た。

同じ手順で話してみると今度は多分大理石で出来ているであろう部屋に移動した。

そこには多分鎧っぽいのを着た豪華な人っぽいのが・・・いやもう確実に人がいた。

クリックし話しかけてみると突然赤・・・白い光に包まれ、名前の横にあった数字が1つ上がった。

「?????」

と思っていると、

「おめ~^^」

とチャットが出てきた。

「???」

そこには同じ様な格好をした人が何人か集まって話をしていた。

今では多分分かるけど、きっとギルドの集まりか何かなのだろう。

当時は何も分からず、街へ行くを選択せず残る事を選択して中を見てみることにした。(分からなくなって・・・。)

中をブラブラしていてもしょうがないと思い・・・、

もう一度その鎧人間に話してみるとゲームスタートした時のように画面が転換した。

そのローディング画面が終わると、広がっていたのは

大量の人と、看板で埋め尽くされた画面・・・。

画面上には「古都ブルンネンシュティング」と表示されていた。



今日はここまでっ!

では^^

(´∀`*)ノシ バイバイ

【今日の一言】
公式登録変更申請が受理されました、更新頑張らないと♪
[2008.01.05(Sat) 14:12] 生い立ちヒストリーTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← ε=\_○ノ イヤッホーゥ! | TOP | ただいま深夜4:04!

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://kirars.blog28.fc2.com/tb.php/7-199bf078
 ← ε=\_○ノ イヤッホーゥ! | TOP | ただいま深夜4:04!

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

リンク

RedStone

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。