TOP > CATEGORY > 生い立ちヒストリー
TOP

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


リストマーク 決心の日。 

2008年01月16日 ()
RED STONE * オンラインゲーム
こんにちわ♪キラです^^

私この度決心しました。

前々回あたりに「BIS育成ストップ宣言」しましたが、


が!

がぁ!!

がぁ!!!


決めました。

何を決めたのかと言うと、










目指せ300!狙えエースの座!BIS復帰宣言です!

300とか簡単に行ける人には「それで?」って感じでしょうが、200までに半年かけてた自分は、

300なんて・・・雲の上のそのまた上です・・・。

そういうことで!!!

BIS復帰します。

まぁのんびりやってくんで生暖かく見守ってください。


追記にて、生い立ちヒストリー!
Open↓

古都ブルン(ナントカ)シュティング。

初心者からある程度の上級者までが拠点とし、人々が多く賑わう街。

マップの中心にある噴水は待ち合わせに使われたりしている。


「・・・?」

突然人の多い画面に放り出された自分はどうして良いか分からず

とにかく移動してみる事にした。

看板、人、人、人、絨毯、人、看板、看板・・・。

移動してもそれしか無い。

全く分からない自分はとにかく動きまくった。

その時はまだポータルから移動するなんて事が分からず、西口へ行くポータルも華麗にスルー。

古都の王宮→をずーっと歩いていった。

とにかく色々なNPCが居て全てにクリックをしていた。

すると、「道に迷ったのかい?」的な事を聞いてきたNPCがいた。

適当に「東口に行きたい。」と答えたら「○○.○○だよ」という答えが出てきた。

当時はその数字が何だかわからず、画面全て嘗め回すように見た。

すると画面の右上端に、数字があり、マップのような物がついていた。

「この数字って、さっきの数字なのかな?」

と思い、動いてみるとその数字が変わった。

「おぉ?」

そう思い動いてみると段々理解できた。

東に動くと数字が大きくなって、下に動いても大きくなって・・・。

それを理解した自分は、東口に向かって移動しはじめた。

曲りくねり、遠回りしながら移動している途中に頭の上に何かマークがついたNPCがいた。

「何かな?」

と思いクリックしてみると、噴出しの上に「クエスト」とあった。

「これがクエスト・・・」

と思い話かけていると、"枯れ井戸″に行き、モンスターを倒して来いというクエストということが分かった。

どうやらこうやら触っているうちにワールドマップの存在を知った自分は、

早速ワールドマップを開き、枯れ井戸の場所を確認した。

すると枯れ井戸は自分が向かっている東口にある事が分かった。


ミニマップを見ながらだが、東口にたどり着いた自分は何が何だか分からず、

そのところにあったポータルをクリックした。

するとまた画面がローディング画面に切り替わり、数秒かすると全く違ったマップに変わった。



明日も学校あるので寝ます・・・。

おやすみなさ~い♪

【今日の一言】
いつ終わるの・・・?生い立ちヒストリー・・・。え?うち分かんないよ・・・。

Close↑

スポンサーサイト
[2008.01.16(Wed) 23:52] 生い立ちヒストリーTrackback(0) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by ニエ
おか~w

by Ave
以降作を考えてみた

「はじめての殴打☆」
「クリパ戦 ~あの頃僕はHP70だった~」
「とても…大きいです…」
「相対性理論についてキラが説く」

こんなのはどうだろうか

by キラ
ニエさん

ε=(ノ゚д゚)ノ タダイマー

Aveさん
相対性理論・・・ちょっとは分かりますが・・・
そういう主旨じゃないです><。

コメントを閉じる▲

リストマーク 再振りしてみました・。・ 

2008年01月14日 ()
RED STONE * オンラインゲーム
こんにちわ♪キラですっ

今日は報告から・・・。

まず天災ネタwizだった凍翔は支援wizに再振り。

これがこれが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




















今じゃめっちゃ後悔してますorz

3000円無駄にしたよコノヤロー!!!!!!!

装備整えるのダリぃよコノヤロー!!!!!11

あのまま天災wizで良かったよ・・・。

(´Д`)ハァ…

まぁもう終わったことだから(・ε・)キニシナイ!!(・ε・)キニシナイ!!

そんなこんなで凍翔はロイヤル☆ミルクティ様の方に移籍させて貰いました。

これから頑張って行きます(`・ω・´)


今は・・・0:30・・・。

生い立ちヒストリー書くの('A`)マンドクセ大変だ><。



でも書くのさ!!!

そう決めたから!!!!

行くよ私はっ!!!!

頑張れ私!!!

書けキラ!!

走れメロス!!!

眠い私!!!

でもそんなの関係ねぇ!!!

あ、ベッド・・・!!!

あぁ・・・私の睡眠欲が・・・!!!

ちょwとまれ私の足!!!!

戻れPCの前へ!!!

あぁ・・・ぁぁぁぁぁああああああっ!!!
Open↓

【今日の一言】
負けたよジョニー・・・



追記・・・。

リンクに陸さんのブログ追加しました。

覗いてみてね☆

(っA`)ネムー

Close↑

[2008.01.14(Mon) 00:35] 生い立ちヒストリーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク え?それってドラ○もんの事じゃないの?あ、違うの? 

2008年01月05日 ()
こんにちわ♪キラですっ

最近は・・・もう・・・キラのレベリングはしていません。

秘密すら行ってません・・・・。

何故かといえば、モエに本格的にハマってしまったからです。

アチャ楽しすぎ!やっべBISとか・・・。

みたいな感じになってます。

ちょっとせめて秘密くらい行かせて上げないとレベルやばいです。

ここで4キャラの成長状況を・・・。

●кяа(キラ)

1週間前   今現在

 210   →  210 (変化無し)

●天涯孤独

一週間前   今現在

 138   →  138 (変化無し)

●凍翔‡麗碧

一週間前   今現在

 153   →  153 (変化無し)

●モエ

一週間前   今現在

 100↓  →  123 (20↑UP)


見て分かる様に、完全にモエ以外ストップしてますね。

ちょっと頑張らないとねぇ・・・。

せめて皆200・・・300にはしたいです。

レベリング遅い私にはいつになることやら。

頑張りたいですねっ!





さてさて・・・。

毎度お馴染み(?)生い立ちヒストリー!

今回は「学問の家」編!

すたーと!
Open↓

初めて見る光景。

何もかもにワクワクドキドキしていた。

あれ、多分人だよね。

私の目に映ったのは緑色の服(多分制服・・・)を着た人間っぽい物だった。

それ以外には何も見えなかったしその人の上には名前っぽい物もあった。

きっとそれがここを出る為に必要な物だろうと察した私はまずはそれに話かける事にした。

・・・がまずどう動くのか分からず、適当にクリックしていた所動き始めた。

「お?」

カチカチ、クリックを繰り返していると、だんだんとコツ(?)っぽいのが分かり始め

動く方法を知ることができた。

グルグル部屋を回っていると、本来の目的を思い出した。

「あ・・・あの人っぽいのに話すんだった。」

そして人っぽいのに近づき、クリックした。

すると文字が出てきた。

(文字は覚えていないので省略)

ほうほう・・・ふむふむ・・うんうん。

最初というだけあり生真面目に文章を読んで行った。

へぇ~・・・・ふ~ん・・・ほう・・・。

そして問題を解き、「次の部屋に行く。」を選び押すと、突然画面が変わった。

「!?」

そこに広がったのは・・・。

さっきの部屋とほぼ変わりない部屋だった。

「また同じような物かなぁ?」

そう思うとまた人っぽいものに話しかけた。

また同じような文章が出てきたのでしっかりと一文字一文字食い入るように読み始めた。

うんうん・・・。

順調に読んで行き、読み終わるとまた部屋が変わった。

「はぁ・・・また・・・。」

そういうことで同じような作業を繰り返すと

また画面が転換した。

「お?」

そこは多分木製であろう部屋だった。

そしてそこには「屋敷蜘蛛(そんな名前だったかな?)」という名のついた蜘蛛がいた。

その蜘蛛にカーソルを合わせると剣(?)マークが出た。

「何だろう?」

と思いクリックしてみるとキャラクターから何かが蜘蛛に向かって飛び出していった。

すると蜘蛛の名前の部分の赤い所が減った。

多分今のが攻撃で、赤いのはHPなんだろう。と思い蜘蛛に向かってクリックしまくった。

3発ほどあたると蜘蛛のHPは無くなり、緑色の多分血が出てヘニャ~となった。

多分倒したんだろうと思い、他の蜘蛛を狙うことにした。

そんな調子で10匹は倒しただろうか、

その時あたりから「ここからどうやって出るんだろう」と思い始めた。

少し場所移動をしてみると、お馴染みの緑服を着た人っぽいのが居た。

同じ手順で話してみると今度は多分大理石で出来ているであろう部屋に移動した。

そこには多分鎧っぽいのを着た豪華な人っぽいのが・・・いやもう確実に人がいた。

クリックし話しかけてみると突然赤・・・白い光に包まれ、名前の横にあった数字が1つ上がった。

「?????」

と思っていると、

「おめ~^^」

とチャットが出てきた。

「???」

そこには同じ様な格好をした人が何人か集まって話をしていた。

今では多分分かるけど、きっとギルドの集まりか何かなのだろう。

当時は何も分からず、街へ行くを選択せず残る事を選択して中を見てみることにした。(分からなくなって・・・。)

中をブラブラしていてもしょうがないと思い・・・、

もう一度その鎧人間に話してみるとゲームスタートした時のように画面が転換した。

そのローディング画面が終わると、広がっていたのは

大量の人と、看板で埋め尽くされた画面・・・。

画面上には「古都ブルンネンシュティング」と表示されていた。



今日はここまでっ!

では^^

(´∀`*)ノシ バイバイ

【今日の一言】
公式登録変更申請が受理されました、更新頑張らないと♪

Close↑

[2008.01.05(Sat) 14:12] 生い立ちヒストリーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク  

2008年01月01日 ()
明けましておめでとうございます!

今後とも当ブログと共に宜しくお願いします。


Open↓

さて、昨日も申しましたように引き続き自己紹介第二弾を行いたいと思います。

今回はRSでの生い立ちヒストリーを簡潔に語って行きたいと思います。




そう・・・私がオンラインゲーム「RedStone」に出会ったのは2006年9月の事でした。


あの時私はとある掲示板に度々姿を現せては色々な人との会話を楽しんでいました。

ある時とある人が「今自分『RedStone』っていうゲームやっているんだけど、皆もやってみない?」と公式サイトのURLを添えて書き込んでいました。

私はまだ「オンラインゲーム」というのを知らず、そういうのは全てお金が掛かる物だと思っていました。

ですが少し興味を持った私はその公式サイトに行ってみました。

当時はPCに対する知識がトイレットペーパーより薄く、東国原知事の頭より薄く知識が全くなく、

公式サイトに行ったものの「何がなんだか@@;」という感じでした。

結局は会員登録等も何もせず帰っちゃいました。


そして時は2007年1月下旬。


私が毎日のように通っていた掲示板は昔から交流していた人々が去っていき、

とても居辛い場所となりました。

決心した結果自分はその掲示板を去りました。

その後色々な掲示板を回り、色々な知識を得ました。

ちょうどその頃私はYahooなどで手に入れられる「フリーメール」の存在をしりました。

登録するだけでアドレスを得られるのはとても便利な物でした。



ちょうど新しく見つけた掲示板で雑談で盛り上がっていた頃です。

ふいにオンラインゲームの話が持ち上がりました。

自分は特にやっている訳ではないのでROMしていましたが、

そこに「RedStone」の話が持ち上がりました。

BBS住人A―自分はRedStoneってゲームやってるんだけど知ってる?

BBS住人B―いや、知らない。どんなゲーム?

BBS住人A―登録するだけでさ無料で出来るオンラインゲームなんだけど、一回やってみるとわかるかも。

BBS住人B―へぇ~。一度見てみたいからURLとかあったら貼ってくれる?

BBS住人A―OK.

みたいな会話だったと思いますが、

その会話で遥か昔に教えて貰った「RedStone」の事を思い出しました。

そして行ったのが「RedStone公式サイト」。

まずは登録する事から始めました。

前回来た時より知識があるとはいえ、何が何だかさっぱりな為多少梃子摺りましたが、

予め作成してあった「フリーメール」のアドレスで登録をし、順調に事を進めました。

そしてゲームダウンロード・インストール。

初めての事にドキドキしていました。

まだかまだかと長い時間を過ごしゲームインストール完了。

やっとゲームが始められる!と思いました。

しかし世の中は甘くありません。

ちょうどその日はアップデートの日でした。

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!な気持ちで翌日を迎えました。


そして翌日。

パソコンを立ち上げ、さぁゲーム開始!

ポチッっと「ゲーム開始」のボタンを押しました。

ドキドキワクワク。

・・・いくら待ってもゲームは始まりません。

私「何、ローディングって!」

イライラドキドキ。

微妙な心境で待つ事5.6分。

ログイン画面に移りました。

「ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ」な気分でID・PWを打ち込みさぁ!

今度こそゲーム開始!

・・・の前にサーバー選択をしました。

当時は何が何だかさっぱり分かりません状態だったので、適当にポチッっとしました。

それが、緑鯖だったのです!

ということで緑鯖にログイン。

わぁ~色んなキャラクターがあるなぁ。

と思い色々見てました。

悩むこと10分。

第一印象でシーフに決まりました。

そしてゲームスタート・・・ドキドキは最高潮に達していました。

「どんなゲームなんだろ。」

「多数同時ナンチャラカンチャラとか書いてあったから色々な人がいるんだろうなぁ。楽しみ♪」

「モンスターはどんなのかな?カッコイイのかな?どんな攻撃するんだろうなぁ」

色々なことを考え、着いたのは「学問の家」でした。



頭の中がパンクしそうなのでここまで・・・。

【今日の一言】
噴水でのカウントダウン花火大会、あれ逝けるわ。

Close↑

[2008.01.01(Tue) 03:08] 生い立ちヒストリーTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by ニエ
あけおめ、ことよろ~
初書きこだぜb

by みんな の プロフィール
みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/meannano/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

コメントを閉じる▲

TOP

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

リンク

RedStone

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。